いぶきの実の飲み方とは?

いぶきの実の効果的な飲み方について詳しく調査しました!

いびき・歯ぎしりの改善以外にも、苛立ちを静めたりと安眠効果のあるサプリメント・いぶきの実。

 

サプリメントですので、正しい飲み方で毎日飲み続ける事がとても大切です。

 

飲み方は、1日2〜4粒を好きな時間に飲むだけです。

 

1日の用量を分散しても一気に服用しても構いませんし、飲むタイミングにも決まりはないので飲みやすい時間に飲めばokです。

 

飲み方に難しい決まりが無いのが嬉しいですね。

 

ただ、製造元には「夜眠る前に服用すると調子が良い」という嬉しい感想がたくさん寄せられているそうです。

 

就寝時に効果を発揮させる目的と、成分の吸収のタイミングを考えると、就寝前(特に夕飯後)の服用が最も良いとも考えられます。

 

基本的には1日2粒の服用ですが、より効果を実感したい場合は上限4粒まで増やす事も可能です。

 

その場合は最もお得で、通常の定期購入よりさらに割引率の高くなる【公式サイトの定期購入の2袋コース】を活用するのがオススメです。

 

いぶきの実の効果的な飲み方

 

いぶきの実の飲み方は、1日2粒を基準にお水またはぬるま湯で服用します。

 

2粒の服用をベースに服用しますが、効き具合によっては1日の上限4粒まで服用でき、より効果を実感しやすくなります。

 

また、飲むタイミングに特に決まりはありません。

 

1日の中で飲みやすいタイミングで飲めば大丈夫です。飲み方に難しいルールが無く、継続しやすいのが良いですね。

 

でもその効果や成分から【夜眠る前に飲んでいる人が多い】という意見が製造元に多く寄せられているようです。

 

夜飲むと就寝時の調子が良いという声も多いのだそうです。

 

消化・吸収のタイミングや、夜に最も効果を発揮したいという特徴上、夜眠る前の服用が最も理にかなっていると言えるでしょう。

 

特に夕飯後の服用がオススメです。

 

毎日飲み続ける事が大切ですので、毎日の習慣として忘れないようにいぶきの実を取り入れてくださいね。

 

症状によって飲む量を変えてみましょう

 

いぶきの実の服用量は、1日当たり2〜4粒です。

 

2粒飲み続けてしばらく経ってもなかなか改善しない場合は、飲む量を3粒、4粒と増やしていくのも良いでしょう。

 

その分効果を感じやすくなります。

 

1日当たり5粒以上飲むのは過剰摂取となってしまいますのでご注意ください。

 

用量を守って服用すれば身体に良い効果ばかりの成分でも、過剰摂取により身体に頭痛・腹痛などの症状となって現れてしまう事があります。

 

1日2〜4粒内で服用量を調整していってくださいね。

 

1日4粒飲む場合は、消費量が増えてお金の負担が心配…

 

いぶきの実は1袋60粒入りですので1日2粒飲めば約1ヶ月持ちますが、1日4粒飲むと単純に計算してもその倍消費してしまいますので半月しか持ちません。

 

その分、お金がかかってしまう…という心配になってしまっても、大丈夫です!

 

1番お得に買える【公式サイトの定期購入】には、通常の1袋コース以外にも「2袋コース」があります。

 

初回はどちらのコースも72%オフの特価で買えるのですが、2回目以降は1袋コースの場合は約29%オフの4,980円、2袋コースの場合は約36%オフの8,930円になります!

 

1袋コースでもとってもお得なのですが、2袋コースですとさらにお得になりますね。1袋当たり4,465円で買う事ができるようになるのです。

 

1日4粒の場合はぜひお得な2袋コースでご購入ください。

 

1日3粒の場合は、1袋コースだと足りないし2袋コースだと余ってしまう…という状況になってしまいますよね。

 

そんな時も問題ありません。

 

いぶきの実の定期購入はいつでも休止ができるので、余ってしまったら一旦ストップをすることも可能です。

 

2袋コースで注文して、余ってしまったら一旦休止手続きをして、消化できたらまた再開して…という方法もおすすめです。

 

お得な定期購入を活用の上、ご自身にぴったりの量の服用で快適な夜を手に入れてくださいね。

 

>> いぶきの実がお得に買える公式サイトはこちらいぶきの実 飲み方