結婚と出会いのプレマリ


>> 30年間の実績と安心感のある充実した結婚支援サービスが口コミでも大人気 <<
>> 他社結婚相談所とのお見合いネットワークシステムを提供する 【プレマリ】 のご入会はコチラから <<

プレマリは結婚出合い応援サイトと言われています

プレマリに会員登録する人は、全会員の83%が結婚相手を求めて入会しているとのことです。このことはプレマリの会員は、結婚への真剣度、意識が格段に高いことを示していると言えます。入会時に提出される会員の自己PR文を見てもその意欲の高さを感じることができます。そんなことからプレマリは、結婚応援サイトと言われ、一定の評価を受けています。

プレマリが提供するサービスの一つに「The 見合い」と呼ばれるものがあります。「メールの交換だけで逢う約束をするのは少々不安が残る」「本人確認書類を全部出している確かな人と会ってみたい」「出逢いの機会を増やしたい」と思っている人には、このサービスが有効です。しかも紹介は無料なので安心して利用できます。

お見合いに興味があり一度やってみたいと思っていても、お見合いと言うと何か「本日はお日柄もよく」と言った堅苦しいイメージがあり、なかなかそこへ踏み込めない人も多いのではないでしょうか。この点、プレマリの「The 見合い」では、このような「お見合い」の堅苦しいイメージ完全に取り除き、気軽にお見合い経験できるサービスを提供しています。

このサービスは、会員に相手を選んでもらい仲介を行うパターンと会員の希望を聞き、それに沿った相手を仲介するパターンがあります。この仲介はプレマリ事務局の担当カウンセラーが担当し、安心できる出逢いの機会を提供するサービスと言えます。

ワンランク上の出会いにはプレマリVIPコース

「より多くのの中から理想にかなう相手を見つけたい」「真剣に結婚を考えている人に巡り合いたい」と考えている人には、プレマリが提供するVIPコースがお薦めです。このコースの特徴は、何といってもその高い入会基準にあります。

男性の場合、22〜50歳までの独身者(当たり前ですが念のため)、関東圏・関西圏・東海圏在住の人、4年制大学卒業以上又は年収500万円以上、子供のいない人(扶養義務のない場合は相談による)と言ったプレマリ独自の高い入会基準が決められています。なお、女性の場合は、年収・学歴の入会基準はありませんが、大学卒業以上の学歴を申告する人は、卒業証明書等が求められます。

と言っても、自己申告では事実と違う申告がなされないとは限りません。そこでこのVIPコースでは、本人確認に細心の注意を払っています。本人確認には免許証・保険証パスポートの提出を求め、その他独身証明書類として戸籍抄本等も提出されています。

また、男性に関しては、給与証明書類として源泉徴収票のコピーも必要となります。見知らぬ相手と結婚を前提に付き合う場合には、相手がどんな人物か少々不安ですが、この厳格なチェックにより、交際への第一ハードルはクリアされることになると思います。また、これらの書類は、本人確認後直ちにプレマリ事務局が責任を持ってシュレッダーにかけ廃棄するということなので、個人情報漏えいの恐れもなく安心です。

  >>> 「プレマリ VIPコース」についてもっと詳しく見てみる

プレマリVIPに入会するメリットとは

プリマリVIPは、高い入会審査、本人確認の厳格さ、個人情報の徹底管理等の入会の入り口段階での卓越した管理に加え、そのサービス内容にも優れたメリットを備えています。その第一がプレマリVIP会員である期間全てに渡り、定期的に(最低月1回)相手を紹介してくれます。その上このVIP待遇でのお見合い料金はかかりません。お見合いボタンで気に入った方があれば、簡単にお見合いの申し込みをすることができます。プレマリカウンセラーがあなたの希望を丁寧に聞き、相手を選んでもらうこともできます。

更にこのVIPサービスの最大の目玉としてのオプションサービス、お見合いネットワーク(ネットワーク会員との出会い)を利用することができます。このお見合いネットワークは、プレマリが長年にわたり構築したネットワークを最大限に利用するもので、従来の自社や組織の枠を超え、ネットワークに加盟する他の結婚相談所会員とのお見合いをサポートするものです。このネットに参加することで、お見合いの成立の数は大きく増加し、それに伴って成婚率も飛躍的な伸びを示しているということです。

初めてあった人が生涯のパートナーとなった。それはとてもロマンある素敵なことです。しかし、このような出会いは数少ないのではないでしょうか。多くの人と出会い、その中で磨かれドラマチックな巡り合いを経験する可能性も高まります。このネットワークの登録会員数は、現在約55000人を超え、全国有数規模の結婚相談所ネットワークを構築しています。

>> 【プレマリ】公式ホームページへ行く <<
 http://www.premarri.com/